当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ジャパニーズ

ウイスキー「富士」の種類とは?気になる特徴や評価も紹介

ジャパニーズウイスキー「富士」は2020年に誕生した新しいブランドです。

ジャパニーズウイスキーが世界的に人気な昨今、キリンホールディングスが満を持して造ったウイスキーといえます。

キリンといえばビールというイメージを持っている方も多いことでしょう。

しかし、1973年よりウイスキー蒸留所を操業しており、こだわりの製法と徹底した品質管理で上質なウイスキーを生み出してきました。

キリンが自信を持ってリリースした「富士」とはどのようなウイスキーなのでしょうか。

今回は「富士」の気になる種類、製法、評価をご紹介していきましょう。

この記事の監修者

浅野まむ

浅野まむ

お酒とBarを愛しています。バーテンダー歴8年、現在ライター。ウィスキーエキスパート資格持ち。 1人で飲むのも、2人で飲むのも、大勢で飲むのも何でも好きです。

ウイスキー「富士」とは

ウイスキー「富士」は先述したようにキリンホールディングスが製造販売を行うブランドです。

「富士」は次の3種類のラインナップを展開しています。

  • シングルグレーンウイスキー
  • シングルモルトウイスキー
  • シングルブレンデッドウイスキー

多彩な原酒造りと卓越したブレンド技術があってこそ、3種の異なるウイスキーを造ることに成功したといえます。

「富士」は日本の象徴である富士山から名前をとっていて、富士山のような美しさを感じるウイスキーの味わいを目指して造られています。

「富士」を造る富士御殿場蒸溜所

「富士」を造るのは富士山の麓、静岡県御殿場市にある富士御殿場蒸溜所。

その土地にはきれいな水、冷涼な気候、霧がもたらす湿度があり、ウイスキー造りにはもってこいの環境です。

そんな富士御殿場蒸溜所ではニーズに合わせて多様な原酒を造り分けています。

原料から設備まで全く違うモルトウイスキーとグレーンウイスキーを1つの蒸留所で造り分けているのは世界的にも珍しいことなんですよ。

雑味が少なくまろやかな口当たり、華やかでフルーティーな味わいを意味する「クリーン&エステリー」が、富士御殿場蒸溜所の理想でありテーマです。

ウイスキー「富士」の製法

「富士」はどのような製法で造られているのでしょうか。

特筆すべき「富士」の製法をご紹介しましょう。

「富士」の仕込み水

使用される仕込み水は富士山の伏流水。

富士山に降り積もった雪や雨は地下深くに水脈を作ります。

火山灰や溶岩層で磨かれ、50年の時をかけてじっくりとろ過されていったきれいな伏流水を地下100mからくみ上げて仕込み水にするのです。

富士山の恵みであるこの上質な天然水がまろやかで華やかな味わいのウイスキーに仕上げてくれるんですよ。

まさに富士御殿場蒸溜所が理想とする「クリーン&エステリー」に富士山の伏流水は必要不可欠といえますね。

こだわりの原料

「富士」を造るための原料には細かい品質基準が設けられています。

その基準を満たす良質な原料のみを使用し「富士」は造られているんですよ。

大麦麦芽は主にイギリス産のノンピート麦芽を使用。

さまざまな原酒を造るため、一部にはピーテッド麦芽を使用しているようです。

グレーン原酒の原料となるコーンやライ麦など穀物はカナダやアメリカなど世界中から厳選した穀物を使用しています。

グレーンは3種の蒸留方法によって造られる

富士御殿場蒸溜所ではグレーンウイスキーの製造にも力を入れています。

以下の3タイプの蒸留器で、異なる味わいのグレーン原酒を造り分けています。

  • マルチカラム蒸留器(ライトタイプ)
  • ケトル蒸留器(ミディアムタイプ)
  • ダブラー蒸留器(ヘビータイプ)

3タイプのグレーン原酒を造っている蒸留所は、世界的にもかなり珍しいといえるでしょう。

この異なる3タイプのグレーン原酒をヴァッティングして造られた「キリン シングルグレーンウイスキー 富士 30年」は2020年に世界2大コンペティションでトロフィーを獲得しています。

ウイスキー「富士」と「富士山麓」の違い

「富士」と似た名前で「富士山麓」というウイスキーもあります。

「富士」と同じく富士御殿場蒸溜所が製造していたウイスキーでキリンのウイスキーの主力ブランドでした。

しかし、2018年にフラッグシップボトルである「富士山麓 樽熟原酒 50°」が原酒不足のために終売となってしまいました。

現在は「富士山麓  シグニチャーブレンド」のみの販売となっています。

「富士山麓  シグニチャーブレンド」はアルコール度数50%のブレンデッドウイスキーで、骨太な味わい。

対して「富士」はシングルグレーンやシングルモルトといった複数の種類があり、多彩な味わいが楽しめます。

ウイスキー「富士」の種類

富士の麓で造られるウイスキー「富士」。

蒸留所のこだわりが少しは分かったのではないでしょうか。

まだまだ新しい銘柄ですが、これから注目したいジャパニーズウイスキーの1つですね。

気になる「富士」の種類をご紹介していきましょう。

キリン シングルグレーンウイスキー 富士

キリン シングルグレーンウイスキー 富士
出典:楽天市場
アルコール度数46%
容量700mL

「キリン シングルグレーンウイスキー 富士」は富士御殿場蒸溜所で造られるグレーンウイスキーのみをヴァッティングして造られています。

3種の異なるグレーン原酒を使用しており、富士御殿場蒸溜所のグレーンウイスキーに対するこだわりを感じられます。

パウンドケーキやマロングラッセのような芳醇な甘い香りや白ぶどうやオレンジピールといったフルーティーな香り。

マーマレードやビターチョコのような味わいやシナモンやライ麦由来のスパイシーな味わいです。

ウッディーでスパイシーな余韻が程よく感じられます。

「キリン シングルグレーンウイスキー 富士」のレビュー

whiskeen編集部のバーテンダー・いのかずが、実際に「キリン シングルグレーンウイスキー 富士」を飲んだときの感想をコメントします。

どんな味わいか紹介します!

▼香り
甘くて芳ばしく、焼いたバナナのような印象です。

▼味わい
シングルグレーンウイスキーというだけあり、口当たりは非常になめらかで優しいのですが、飲みごたえしっかりあります。

バニラやバナナのような甘さ、ミントのような爽やかさ、しっかりとしたウッディさが感じられます。

▼総評
少々風味がバーボンに似ているため、バーボンが嫌いな人は注意しましょう。

味わいのクオリティは非常に高く、コスパも良いほうです。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

キリン シングルモルトジャパニーズウイスキー 富士

キリン シングルモルトジャパニーズウイスキー 富士
出典:楽天市場
アルコール度数46%
容量700mL

「キリン シングルモルトジャパニーズウイスキー 富士」は富士御殿場蒸溜所で造られたモルト原酒のみを使用し造られている銘柄。

熟成はバーボン樽を主に使用していますが、ビール熟成樽やワイン熟成樽も使用しています。

りんごやパイナップル、柑橘系の爽やかな香りに、桃や洋梨、アンズのような芳醇でフルーティーな味わい。

余韻も長く心地よく続くのでモルトファンも満足することでしょう。

キリン シングルブレンデッドジャパニーズウイスキー 富士

キリン シングルブレンデッドジャパニーズウイスキー 富士
出典:楽天市場
アルコール度数43%
容量700mL

「キリン シングルブレンデッドジャパニーズウイスキー 富士」は富士御殿場蒸溜所のモルト原酒とグレーン原酒をブレンドして造られる銘柄。

この銘柄を飲めば富士御殿場蒸溜所のブレンド技術の高さが分かることでしょう。

アプリコットやオレンジのような爽やかでフルーティーな香りと蜂蜜のような甘い香り、さらにビスケットのような香ばしい香りも感じられます。

フルーツケーキのような芳醇な味わいとフルーティーな香りの余韻が長く続きます。

キリン シングルグレーンウイスキー 富士 30年

アルコール度数46%
容量700mL

「キリン シングルグレーンウイスキー 富士 30年」は「キリン シングルグレーンウイスキー富士」を最低でも30年熟成させている銘柄。

世界的なウイスキーのコンテストである「ワールド・ウイスキー・アワード 2020」にて「ワールドベストグレーンウイスキー」に輝いた世界一のグレーンウイスキーです。

グレーン原酒はモルト原酒よりも熟成のピークを迎えるのが早く、30年熟成させることが難しいため、非常に希少な銘柄といえます。

ナッツや黒糖のような香ばしくて甘い香り、熟したフルーツやドライフルーツといったまったりとした甘い香り。

ビターチョコのようなほろ苦さ、蜂蜜のような上品な甘い味わいがあり、ウッディーで複雑な香りの余韻が長く続きます。

キリン シングルモルトジャパニーズウイスキー 富士 50th Anniversary Edition

キリン シングルモルトジャパニーズウイスキー 富士 50th Anniversary Edition
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000645.000073077.html
アルコール度数52%
容量700mL

「キリン シングルモルトジャパニーズウイスキー 富士 50th Anniversary Edition」は、操業当時の1973年のモルト原酒を含めた、よりすぐりの原酒をヴァッティングして造られています。

貴重な長期熟成の原酒をぜいたくに使った希少な銘柄です。

キャラメルや黒糖のような香ばしく甘い香り、メロンやアプリコットのような芳醇でフルーティーな香り。

白桃や洋梨のタルトのような華やかな味わい、ダークチョコのような香ばしさと優しくピート香も感じます。

長期熟成ならではの樽香の余韻が心地よく続いていきます。

キリン シングルブレンデッドジャパニーズ ウイスキー 富士 2022 マスターピース

キリン シングルブレンデッドジャパニーズ ウイスキー 富士 2022 マスターピース
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000342.000073077.html
アルコール度数50%
容量700mL

「キリン シングルブレンデッドジャパニーズ ウイスキー 富士 2022 マスターピース」は富士御殿場蒸溜所で長期熟成させた原酒をはじめ個性豊かな原酒を使用して造られます。

モルトウイスキーにはバーボン樽熟成の原酒を中心に、長期熟成原酒、赤ワイン樽、ビール樽などで熟成させた原酒を使用。

グレーンウイスキーには長熟のミディアムグレーンとヘビーグレーンを使用しています。

カスタードやチョコレートのような甘い香り、アプリコットやダークチェリーのようなフルーティーな香り、そこに長期熟成原酒由来の樽香を感じます。

長期熟成したシェリー酒のような華やかな味わいとライ麦パンのようなスパイシーな味わい。

余韻はウッディーでさらに熟したフルーツのような甘い香りが心地よく続きます。

どのような飲み方でも比較的おいしいため、さまざまな飲み方を試してみましょう。

ウイスキー「富士」の評価は?口コミを紹介

「富士」を飲んだ方々はどのような印象を持っているのでしょうか。

「うまい」という口コミと「まずい」といった口コミの両方をご紹介していきましょう。

「うまい」という口コミ

「富士」の口コミを調べたところおいしいという意見が多く見られました。

派手さはないもののクリアな口当たりで飲みやすく、ウイスキー初心者の方にもおすすめできる銘柄といえるでしょう。

「まずい」という口コミ

「富士」を「まずい」や「おいしくない」と評価した口コミは見当たりませんでした。

2020年に誕生した銘柄なのでまだ認知度が低いのかもしれませんね。

それだけに今「富士」を知っていれば、情報通と思われるかもしれませんよ。

なお、「富士山麓」に関するネガティブな評価は出てきますが、「富士」とは違う銘柄なので勘違いに注意しましょう。

まとめ

キリンが自信を持って送り出したウイスキー「富士」は、富士の麓で造られているウイスキーです。

原料や製法へのこだわりと優秀なディスティラーによって、世界でも評価されるウイスキーブランドとなりました。

キリンが掲げる「クリーン&エステリー」を体現したウイスキー「富士」をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

2020年に誕生した新しいブランドなので、これからの日本国内の評価にも注目したいですね。

この記事の監修者

浅野まむ

浅野まむ

お酒とBarを愛しています。バーテンダー歴8年、現在ライター。ウィスキーエキスパート資格持ち。 1人で飲むのも、2人で飲むのも、大勢で飲むのも何でも好きです。

Whiskeen レビュー募集
  • この記事を書いた人

torauma

大阪で細々とBARをしています。 好きなお酒はバーボン。 whiskeenを通してウイスキーの魅力を知っていただけたらうれしいです。

-ジャパニーズ
-,