ニュース

「グレンモーレンジィ フォレスト」物語シリーズ第3弾が限定発売

グレンモーレンジィ フォレスト

2023年2月15日(水)、MHDモエヘネシー ディアジオ株式会社のグレンモーレンジィより「グレンモーレンジィ フォレスト」が発売されます。

これまで「グレンモーレンジィ」は物語シリーズとして、2020年に「グレンモーレンジィ ケーク」、2022年に「グレンモーレンジィ ウィンター」などをリリースしており、今回はそれに続く物語シリーズの第3弾「グレンモーレンジィ フォレスト(森の物語)」です。

「グレンモーレンジィ フォレスト」は森のボタニカルを加えて焚き、乾燥させた大麦を使用しており、これはグレンモーレンジィでは初めての試みです。

「グレンモーレンジィ フォレスト」概要

発売日2023年2月15日(水)より順次販売
希望小売価格12,400円(税抜)/ 13,640円(税込)
容量700ml
アルコール度数46%
熟成樽バーボン樽

【香り】
ビスケットの甘い香りに、ジュニパーやコリアンダー、ミントなどのハーブ。ボタニカル由来の森の香り。

【味わい】
ミント、メンソール、ユーカリなどにビターオレンジが加わったみずみずしい味わい。
余韻は長く、酸味のあるオレンジやレモン、オークの樽香が感じられる。

「グレンモーレンジィ フォレスト」の特徴

「グレンモーレンジィ フォレスト」は、ウイスキー製造時に大麦を焚く際、森のボタニカルを使用しています。
最高蒸留製造責任者ビル・ラムズデン博士による昔ながらの技法で、森そのものを思わせる香りと味わいが誕生しました。

豪華な色彩で描かれたパッケージ

タイのイラストレーター、ポム・チャン氏が手掛けたパッケージイラストには、「グレンモーレンジィ フォレスト」の主要なボタニカルが描かれています。
このデザインは美しい森やビル博士の会話から生まれたイメージがもとになっており、手描きとデジタル技術の両方を駆使して描かれています。

Bar LIBRE GINZAでの期間限定フェア

銀座にあるBar LIBRE GINZAでは、2月15日(水)~3月31日(金)の期間限定で「グレンモーレンジィ フォレスト」を楽しめるフェアを開催。
開催期間中は、「グレンモーレンジィ フォレスト」、および「グレンモーレンジィ フォレスト」のカクテルを楽しめます。

Bar LIBRE GINZA
住所:東京都中央区銀座1-6-6 ARROWSビル B1F
電話:03-6263-0560
URL:https://www.bar-libre-ginza.com/
フェア開催期間:2023年2月15日(水)~3月31日(金)

「グレンモーレンジィ」について

グレンモーレンジィ スチル

「グレンモーレンジィ」は、スコットランドのハイランド地方で1843年に誕生したシングルモルトウイスキーで、蒸留にはスコットランドでもっとも背の高いポットスチル(蒸留器)が用いられます。

軟水仕込みのスコッチウイスキーが多いなか、硬水が使用されている点も大きな特徴。
敷地内にある「ターロギーの泉」の湧き水を使い、原料から力強い味とフルーティーな香りを引き出しています。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

「グレンモーレンジィ」のこだわりや商品のラインナップについては、こちらの記事をご覧ください。

  • この記事を書いた人

ウイスキーン編集部

ウイスキー好きがオススメするウイスキーの銘柄や飲み方を紹介するメディアです。自宅で気軽にできるウィスキーの楽しみ方やバーに行ったときに注文したくなるような銘柄など、ウィスキー初心者からお酒が少し苦手な方まで、誰でも楽しめるウィスキーの魅力を発信します。

-ニュース