当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ジャパニーズ

ウイスキー「嘉之助」とは?|世界へ挑戦する新規精鋭の銘柄を解説

日本のウイスキー世界に登場した、世界へ挑戦する新鋭ブランド「嘉之助」。

2021年よりウイスキーファン待望の定番ボトルを2023年に販売開始しただけでなく、航空機の機内販売品に選ばれるなど各所で注目を集めています。

そこで本記事では注目のクラフトウイスキー「嘉之助」の特徴やラインナップ、世間の評価を詳しく解説します。

新しいウイスキーを開拓したい方や日本のクラフトウイスキーが気になる方は、ぜひご一読ください。

この記事の監修者

浅野まむ

浅野まむ

お酒とBarを愛しています。バーテンダー歴8年、現在ライター。ウィスキーエキスパート資格持ち。 1人で飲むのも、2人で飲むのも、大勢で飲むのも何でも好きです。

ウイスキー「嘉之助」とは

嘉之助の製造地鹿児島県の風景

「嘉之助」は、操業間もない嘉之助蒸溜所よりリリースされている新規精鋭の国内ウイスキーブランドです。

2023年1月から販売されている「シングルモルト嘉之助」を代表とする、独自のウイスキーを発売しています。

世界のウイスキーコンペティションで高評価を得ているだけでなく、2023年9月のJAL国際線機内販売にも採用されており、国内外での知名度も高まっています。

「嘉之助」のキャッチフレーズは「ジャパニーズウイスキーをさらに豊かに、まろやかに」。

メロー(※)な味や雰囲気を楽しむことが「嘉之助」を味わうポイントといえます。

※メローとは、熟成感があり芳醇で、柔らかくまるみのある香りや味わいを意味します。英語表記は「mellow」。

「嘉之助」名前の由来

「嘉之助」という名前は焼酎製造において長い歴史を持つ小正醸造の2代目・小正嘉之助氏から取られました。

嘉之助氏は現在の代表取締役である小正芳嗣氏の祖父にあたる人物で、日本初の樽貯蔵による米焼酎「メローコヅル」の生みの親。

焼酎の価値を世界中で愛されるウイスキーのように高めるべく、情熱を注いできた人物だったようです。

彼の名前を冠した「嘉之助」は、焼酎造りの伝統と嘉之助氏の情熱が結びついていることが分かります。

「嘉之助」の製造地

嘉之助蒸溜所
出典:楽天市場

「嘉之助」の製造地は鹿児島県日置市にある嘉之助蒸溜所で、鹿児島県内ではマルス津貫蒸溜所と並ぶ2大ウイスキー蒸留所として知られています。

そんな嘉之助蒸溜所の稼働は2017年。

嘉之助蒸溜所の敷地では、かつて小正嘉之助氏が生み出した「メローコヅル」の熟成が行われていました。

嘉之助蒸溜所はイギリスの大手酒造会社ディアジオ社と長期的なパートナーシップを結んでおり、新進気鋭の蒸留所としても注目されています。

予約すれば見学可能なので、鹿児島に観光に行く際は訪れてみてはいかがでしょうか。

ウイスキー「嘉之助」リリースまでの歩み

ウイスキー「嘉之助」リリースまでの歩みを語るうえで、米焼酎「メローコヅル」は切っても切り離せない関係です。

失敗から成功への逆転物語ともいえるリリースまでの歩みは、嘉之助氏の「メローコヅルを世界に」という強い思いが「シングルモルト嘉之助」として実現した証しといってもよいでしょう。

きっかけは「メローコヅル」の商談失敗

焼酎「メローコヅル」の商品画像
出典:楽天市場

ウイスキー「嘉之助」誕生のきっかけは、「メローコヅル」の商談失敗でした。

嘉之助氏は「焼酎の世界を世界に広めたい」という熱意を持っており、1957年に樽貯蔵の米焼酎「メローコヅル」を発売しました。

「メローコヅル」は全量オーク樽熟成を強みとし、国内から海外への宣伝販売も積極的に行っていたそうです。

しかし、日本独自の蒸留酒は当時の海外消費者に伝わりにくかったようで、残念ながら「メローコヅル」を世界に発売するという商談は失敗に終わりました。

嘉之助氏は商談失敗にめげず、世界で親しまれているウイスキー製造へ転換。

世界の人々から自社の焼酎に興味を持ってもらうための一石と考え、これがウイスキー「嘉之助」の誕生につながっていきます。

ウイスキーのノウハウを求め本場スコットランドへ

その後、嘉之助氏はウイスキー文化とノウハウを学ぶため、若手技術者と共にスコットランドへ視察や研修に赴きます。

スコットランドのウイスキー製法と100年以上にわたる焼酎造りのノウハウを融合させ、独自の製法と設備の構想を練ったそうです。

そして、2017年には嘉之助蒸溜所の稼働が始まりました。

「シングルモルト嘉之助」誕生

「メローコヅル」の樽貯蔵の技術を活かして独自性を追求し続け、2023年1月に待望の「シングルモルト嘉之助」を発売しました。

「シングルモルト嘉之助」の発売に先駆け、限定ウイスキーやニューボーンも複数リリースされています。

今後はグレーンウイスキーやブレンデッドウイスキーの販売が計画されているそうで、新たなリリース情報が待ち遠しいですね。

ウイスキー「嘉之助」の特徴

ウイスキー「嘉之助」の特徴は焼酎づくりのノウハウを活かした独自の製法と、スコットランドのウイスキー文化との掛け合わせで、ウイスキーだけでなくラベルにもこだわりを持っています。

詳しく見てみましょう。

クラフト蒸留所では珍しい3基のポットスチル

嘉之助蒸溜所のポットスチル
出典:楽天市場

嘉之助蒸溜所の最大の特徴は、ウイスキーのクラフト蒸留所では珍しく3基のポットスチルを所持していることです。

ポットスチルの内訳を以下にまとめました。

  • 初留器1基
  • 再留器1基
  • 初留・再留兼用が1基

タイプの異なる原酒を組み合わせることで、香りや味わいにバリエーションが生まれます。

なお3基のポットスチルは三宅製作所が製造したもので、すべてスコットランドのフォーサイス製ポットスチルを採用する北海道の厚岸蒸溜所とは対照的であることが分かります。

ウイスキーに独特の熟成をもたらす気候

ウイスキー「嘉之助」の特徴として、独特の熟成をもたらす鹿児島県の気候も外せません。

嘉之助蒸溜所は日本3大砂丘の1つである吹上浜(ふきあげはま)の海岸沿いに建設されています。

さらに鹿児島県日置市という南国に位置しながらも寒暖差が大きい点にも注目です。夏は暑く、冬は0度前後まで冷え込む寒暖差と潮風が、ウイスキーの味わいをまろやかにします。

まさに「メロー」という言葉がぴったりですね。

メローなラベルデザイン

「シングルモルト嘉之助」のラベルデザインは、コンセプトの「メロー」な雰囲気を視覚化しています。

ラベルデザインは、嘉之助蒸溜所に併設されているバー「THE MELLOW BAR」から見える東シナ海に沈む夕日と水平線をモチーフにしているそうです。

嘉之助氏は生前、友人に宛てた手紙で以下のように語っています。
「日本一夕日が美しく映える景観の地、これにマッチするようデッサンから長い長い時間をかけて絵を仕上げるように工場を建設したいと楽しみにしております。」

嘉之助氏の言葉がそのまま「シングルモルト嘉之助」のラベルデザインに表れているようですね。

代表的な「嘉之助」のラインナップ

多彩なラインナップの「嘉之助」の代表的な銘柄をご紹介します。

シングルモルト嘉之助

シングルモルト嘉之助の商品画像
出典:楽天市場
  • アルコール度数:48%
  • 容量:700mL
  • 受賞歴
    • TWSC2023 金賞
    • SFWSC2023 金賞
    • ISC2023 金賞

「シングルモルト嘉之助」は、2023年1月に発売された嘉之助蒸溜所初のウイスキーです。

アメリカンホワイトオーク樽で熟成した原酒を中心に複数の樽の原酒をヴァッティングした「シングルモルト嘉之助」は、べっこう飴のような色合いと、蜂蜜やバナナ、レモンティー、キャラメルといった香りが特徴です。

かりん飴やニッキ、生姜のほか、ほのかにスモークナッツのニュアンスが口の中に広がり、長く続く余韻が楽しめます。

ノンチルフィルターで製造されており、まずはストレートで、それから加水やロックなど、さまざまな飲み方で楽しんでみてください。

¥13,670 (2024/06/14 01:34時点 | Amazon調べ)

シングルモルト嘉之助 2023 LIMITED EDITION

シングルモルト嘉之助 2023 LIMITED EDITIONの商品画像
出典:楽天市場
  • アルコール度数:59%
  • 容量:700mL

「シングルモルト嘉之助 2023 LIMITED EDITION」は2023年6月14日に発売された数量限定のウイスキーで、「Mellow Land, Mellow Whisky」を具現化しようと生み出された銘柄です。

2018年から2019年にかけてピート麦芽で仕込み、焼酎リチャーカスク・シェリーカスクで3年以上熟成させた原酒をメインにヴァッティングさせたウイスキーです。

バナナやカスタードクリーム、ニッキ飴、いぶりがっこといった香り、塩キャラメル、紅茶、八ツ橋、ブラッドオレンジといった味わいが特徴で、夏みかんや花椒の余韻が感じられます。

ぜひストレートでゆっくりと味わってみてください。

シングルモルト嘉之助 2022 LIMITED EDITION

シングルモルト嘉之助 2022 LIMITED EDITIONの商品画像
出典:楽天市場 
  • アルコール度数:59%
  • 容量:700mL
  • 受賞歴:SFWSC2023 ダブル金賞/金賞

「シングルモルト嘉之助 2022 LIMITED EDITION」は2022年6月24日にリリースされた数量限定のウイスキーです。

ノンピート麦芽を使用し、シェリー樽熟成の原酒をメインに複数の樽の原酒をヴァッティング。

赤みがかった琥珀色で、ラベルの赤系のカラーリングと相まって、ずっと眺めていたくなる美しい夕日のようです。

香りはレモンティーや蜂蜜、梅、ニッキといった要素があり、味わいはベリーのドライフルーツ、コーヒーキャンディー、古木のウッディさが感じられます。

スパイシーでビターな甘さが心地よく続く余韻も特徴の1つです。

シングルモルト嘉之助2021 FIRST EDITION

シングルモルト嘉之助2021 FIRST EDITIONの商品画像
出典:楽天市場 
  • アルコール度数:58%
  • 容量:700mL
  • 受賞歴:TWSC2022 最高金賞

「シングルモルト嘉之助2021 FIRST EDITION」は嘉之助蒸溜所初のジャパニーズウイスキーで、

ノンピート麦芽を使用し、熟成には米焼酎「メローコヅル」で使用したアメリカンホワイトオークリチャーカスクで熟成した原酒をキーに構成されています。

カスクストレングスでボトリングされており、メローでウッディな味わい、ほろ苦い余韻が楽しめます。

ストレートやロックで、時間をかけて味の変化を楽しむのがおすすめです。

ウイスキー「嘉之助」の取扱店は?どこで買える?

紙製のショッピングバッグ

「嘉之助」シリーズは定番品「シングルモルト嘉之助」を中心に、蒸留所内のショップや鹿児島県内の酒屋、通販サイトを通じて入手できます。

限定品は通販サイトでも入手しにくい傾向があり、過去には限定品の抽選販売が行われたこともありました。

今後は新商品としてグレーンウイスキーやブレンデッドウイスキーなどの販売も計画されていることから、抽選販売が行われる可能性も考えられます。

「嘉之助」に関する情報は酒屋の入荷情報やSNS、ウイスキー情報サイトで発信されているので、定期的にチェックすることがおすすめです。

ウイスキー「嘉之助」世間の評価

普通・良い・残念の3段階を顔マークで表現した画像

Whiskeen編集部の独自調査をしたところ、SNSにおけるウイスキー「嘉之助」は比較的良い評価が多いことが分かりました。

特に、甘みと苦みの絶妙なバランスが多くの人に好評のようです。

ハイボールとして楽しむ人も多く見られ、ウイスキーの風味を紅茶に例える声もありました。

少数ですが、マイナスの評価もあります。

焼酎の香りが苦手な人にとっては「嘉之助」に対して苦手意識を感じてしまうことがあるかもしれません。

とはいえ、SNS内では総じてポジティブな意見が多く見られました。

今後「嘉之助」を試したことで小正醸造所の焼酎やクラフトジンにも興味を持つ人が増えるかもしれませんね。

最後に

夕焼けに照らされる麦畑の1本の麦

まだまだ新しい「嘉之助」ウイスキーですが、早い段階から国内外で評価を受けており今後の展開が楽しみなブランドです。

ウイスキー「嘉之助」を通じて、メイン製品である焼酎などに興味を持つ人が世界中に増えてほしいという嘉之助蒸溜所が抱く夢も、そう遠くない未来にかなうかもしれません。

この記事でウイスキー「嘉之助」に興味が湧いた方は、ぜひこの機会にBarや自宅で味わってみてください。

Whiskeen レビュー募集
  • この記事を書いた人

あさひなペコ

Webライター/編集。梅酒と偽られてウイスキーを飲んだという思い出がある、お酒好き。 ウイスキーはJack Daniel's派だが、最近はキルベガン、ジョニ赤にもハマる。ビールや日本酒・ワインも好きです。 4年に渡る知見をもとにしたライティングウェビナーを開催するドイツ在住デジタルノマドという一面もあり。

-ジャパニーズ
-