ジャパニーズ

ウイスキー「山桜」とは?味や種類を徹底解説

北海道のニッカウヰスキーや大手メーカーのサントリー、鹿児島県の本坊酒造など日本には多くの有名な酒造メーカーがありますが、東北地方の福島県にも「笹の川酒造」というメーカーがあることをご存じでしょうか。

笹の川酒造の拠点は、福島県の郡山市笹川です。

1765年創業の、伝統と歴史のある笹の川酒造で製造している代表的なウイスキーといえば「山桜」。

そこで今回は、笹の川酒造で造られているジャパニーズウイスキー「山桜」について、味や魅力などを徹底的に解説します。

商品情報も掲載していますので、この記事を読んで「山桜」が気になった方は参考にしてください。

>>魅力あふれる「山桜」シリーズとおすすめの飲み方をすぐに見たい方はこちら

「山桜」の名前の由来

日本で製造されているジャパニーズウイスキーは、さっぱりした味わいの商品や香り高い商品と多種多様です。

ジャパニーズウイスキー「山桜」もそんなジャパニーズウイスキーのひとつで、ほのかに甘いウイスキーといわれています。

そんな「山桜」ですが、どんな名前の由来が隠されているのでしょうか。

「山桜」ブランドの名前の由来

笹の川酒造は、以前は「山桜酒造合資会社」という名前でした。

これが「山桜」ブランドの名前の由来となっています。

「山桜酒造合資会社」の設立は昭和7年(1932年)。

昭和21年(1946年)、戦後間もない頃にウイスキー製造免許を取得し、昭和41年(1966年)に「笹の川酒造株式会社」として生まれかわりました。

参考:「笹の川酒造」公式ホームページ

「山桜」ブランドの歴史

ストレートウイスキー

笹の川酒造がどのようにしてウイスキー造りをはじめ、「山桜」ブランドを育てあげたのか。

「山桜」誕生の歴史を見ていきましょう。

ウイスキー誕生秘話

笹の川酒造はなぜ、製造ノウハウのある日本酒ではなく、当時はまだ製造が難しかったウイスキーを造ろうと考えたのでしょう。

その理由は「山桜」のボトル裏に記載されていました。

「山桜」ボトル裏に掛かれた誕生秘話
Whiskeen編集部スタッフが撮影(2022.02.15撮影)

笹の川酒造の先々代当主が

“福島県に駐留中のアメリカ軍の兵隊の方達にも飲んでもらえるお酒を作ろう”

と考えたことが、ウイスキーを造ろうとしたきっかけです。

前述のとおり、当時は戦後間もない時期で、アメリカ軍の兵隊が福島県に多く駐留していたとのこと。

戦後という大変な時代に、多くのアメリカ軍人に飲んでもらおうと、あえてウイスキー造りに挑戦したのはすごいことですよね。

こうしてできた「チェリーウイスキー」は、やがて1980年代のウイスキーブームの中、大人気となりました。

「北のチェリー、東の東亜、西のマルス」と呼ばれるほど、有名なウイスキーとなったのです。

肥土伊知郎氏との運命的なめぐり合い

ウイスキー蒸留所に並ぶ熟成樽

やがてウイスキーブームは去り、大衆の嗜好の変化や酒税の高騰とともにウイスキー不遇の時代が訪れました。

多くの蒸留所の売り上げが低迷し、笹の川酒造もウイスキー蒸留を休止。

大手の東亜酒造も致命的な打撃を受け、東亜酒造下にあった羽生蒸留所の原酒は廃棄処分の危機に陥ります。

そこで東亜酒造設立者の孫にあたる人物が、この原酒を守ろうと立ち上がりました。

その人物こそ、現ベンチャーウイスキーの代表、肥土伊知郎(あくと いちろう)氏。

肥土氏は羽生蒸留所の原酒を救おうと保管場所を探し回り、やがて笹の川酒造にも助けを求めます。

当酒造の10代目社長・山口哲蔵氏に、原酒の保管場所として倉庫を貸してもらえないか頼みました。

山口社長は肥土氏の熱意を受け、行き場のなくなった羽生蒸留所の原酒を預かることを承諾。

こうして羽生蒸留所の原酒は守られ、後にこの原酒から世界的に有名な「イチローズモルト」が誕生します。

山口社長はこの肥土氏の熱意を目の当たりにし、長らく休止していたウイスキー造りを再開することを決意しました。

この運命的なめぐり合いが、笹の川酒造のウイスキー造りのきっかけとなったのです。

安積蒸留所の新設

2015年、笹の川酒造創業250年の節目の年に山口社長はウイスキー造りを開始しました。

2016年に福島県郡山郡に安積(あさか)蒸留所を開設し、本格的に「山桜」ブランドのウイスキー製造をスタートさせたのです。

安積蒸留所は、もともと清酒蔵だった建物を蒸留棟としてリノベーションした蒸留所。

ポットスチルは、納期に時間のかかるスコットランドのフォーサイス製ではなく、日本の三宅製作所に依頼しました。

2基のポットスチルとマッシュタンを設置し、生産方法は肥土氏の秩父蒸留所のウイスキー造りを参考にしています。

マッシュタン:麦汁を作るための容器

世界が認める「山桜」ブランド

2019年には初の自社蒸留のシングルモルトウイスキー「YAMAZAKURA 安積 ザ・ファースト」をリリース。

翌年には「YAMAZAKURA 安積 ザ・ファースト ピーテッド」をリリースし、どちらも大好評でした。

2022年には、イギリスのウイスキー専門誌主催の国際品評会「ワールド・ウイスキー・アワード2022」において、ブレンデッドモルト「安積 シェリーウッドリザーブ」が世界最高賞を受賞。

丁寧に造られた歴史ある「山桜」のウイスキーは、世界が認めるウイスキーへと成長したのです。

魅力あふれる「山桜」シリーズとおすすめの飲み方

「山桜」誕生から現在に至るまでの歴史に触れたところで、ここからは、「山桜」シリーズをご紹介します。

「山桜」はこれまでピュアモルトやブレンデッド、ワインカスクフィニッシュなど、限定品を含めてさまざまな銘柄をリリースしています。

ここでは今も手に入りやすい、現行品を中心に頑張れば入手可能な限定品まで紹介します。

PURE MALT WHISKY YAMAZAKURA(山桜 ピュアモルト)

アルコール度数48.0%
容量700mL
売価6,380円(税込)※

※価格は2022年10月現在、メーカーサイトにて確認

「PURE MALT WHISKY YAMAZAKURA」は、オーク樽で5年以上熟成されたモルトとシェリー樽での熟成モルト、さらにピーテッドモルトの3つの原酒をバランスよくブレンドした、ピュアモルトウイスキーです。

柔らかい果実の香りとリッチな味わいが特徴で、なめらかな口当たりでとても飲みやすいと評判です。

¥7,180 (2023/01/06 08:58時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

ブレンデッドウイスキー山桜 黒ラベル

ブレンデッドウイスキー山桜 黒ラベルのボトル画像
Whiskeen編集部スタッフが撮影(2022.02.15)
アルコール度数40.0%
容量700mL
売価2,310円(税込)

※価格は2022年10月現在、メーカーサイトにて確認

モルト原酒にグレーンウイスキーをブレンドした、ブレンデッドウイスキーです。

マイルドな味わいでとても飲みやすい仕上がりが特徴の、“何杯でも飲めてしまう最高のウイスキー”です。

ロックはもちろん、水割りやハイボールで飲むのもおすすめです。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

ブレンデッドウイスキー山桜 プレシャス

「ブレンデッドウイスキー山桜 プレシャス」の商品画像
出典:Amazon.co.jp
アルコール度数46.0%
容量700mL
売価3,300円(税込)

※価格は2022年10月現在、メーカーサイトにて確認

上質なグレーンウイスキーがブレンドされた、少しぜいたくなブレンデッドウイスキーです。

蜂蜜のような品の良い甘さがあり、味と香りのバランスがとれた飲みやすいウイスキー。

「ブレンデッドウイスキー山桜 黒ラベル」よりもアルコール度数が高いので、ハイボールや水割りにしてもウイスキーの味わいがしっかりと楽しめます。

¥3,300 (2022/10/08 05:54時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

YAMAZAKURA 安積 THE FIRST PEATED 

「YAMAZAKURA 安積 THE FIRST PEATED 」の商品画像
画像出典:Amazon.co.jp
アルコール度数50.0%
容量700mL
オークションサイト参考価格※2022年10月確認時点30,000~40,000円 ※2022.10現在

限定販売されたシングルモルトで、現在は入手困難な品。

安積蒸留所で製造された、ピーテッドタイプのシングルモルトウイスキーです。

バーボン樽のファーストフィル(初めてウイスキー熟成に使われる樽)で3年熟成させたピーテッドモルトが使用されており、力強いピート香とフルーティーな香りが複雑に絡み合う、魅力的な味わいの銘柄です。

最後に

ジャパニーズウイスキー「山桜」をご紹介しました。

笹の川酒造では他にも魅力あふれるウイスキーを製造していますので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

「ウイスキーの香りはその土地の様子や蒸留所製造所の歴史を感じられる」といわれています。

「山桜」からもきっと、東北の豊かな自然と懐の深さが感じられるでしょう。

「山桜」をきっかけに、ぜひ楽しいウイスキーライフを過ごしてくださいね。

  • この記事を書いた人

浅野まむ

お酒とBarを愛しています。バーテンダー歴8年、現在ライター。ウィスキーエキスパート資格持ち。 1人で飲むのも、大勢で飲むのも、2人で飲むのも、なんでも好きです。

-ジャパニーズ