当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ウィスキーの種類 ジャパニーズ

最高級ウイスキー「響」に関わる音楽とは|誕生秘話と世界評価を紹介

サントリーが1989年(平成元年)に創業90周年記念として生み出した、最高傑作ブレンデッドウイスキー「響17年」。

日本で高い評価を受けているだけでなく、世界中のウイスキーファンからも注目されています。

価格は発売当初から今なお高騰を続け、投資面からも注目されている「響」。

「響」の誕生秘話や世界的なコンペティションで受けた評価、最高級ウイスキーとなった理由に迫ります。

この記事の監修者

いのかず

いのかず

バーテンダー歴6年。どこかのチーフバーテンダー。家でもお酒を楽しんでもらいたいという想いから、ウイスキーやカクテルに関するコンテンツをWebで発信。

「響17年」誕生秘話

サントリーの企業理念は、「人と自然と響き合う」とあります。

和を大事にする日本人を表すような名前を持つ「響(ハーモニー)」の誕生の背景には、次のような逸話が残っています。

当時のマスターブレンダー佐治敬三は、チーフブレンダーである稲富孝一に「創業90周年にサントリーの枠を集結した傑作を出したい」と告げました。

弦楽器のヴィオラに親しむ稲富は、ブラームスの『交響曲第1番第4楽章』をイメージしながら山崎・白州両蒸溜所の原酒を厳選します。

キーモルトには、ミズナラ樽の長期熟成モルトが加えられました。

こうして「響」のために30種以上の長熟モルト原酒と、数種の長熟グレーン原酒がブレンドされ、新たな傑作・和の極致ともいえる「ハーモニー」が誕生しました。

原酒をテイスティングする佐治敬三(1980年代)
画像出典:WHISKY MUSEUM ジャパニーズウイスキー物語 水薫る 第六話 香りの花束の継承
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

ウイスキー「響」と音楽の共通点

当時(1995年)のサントリーウイスキー響のテレビCMでは、こう紹介されていました。

「ウイスキーのブレンドはオーケストラの指揮に似ている。あるモルトはバイオリン。
あるモルトはフルート。
ブラームスの交響曲第1番第4楽章から響は生まれた。
36のモルトのハーモニー。
今夜グラスにシンフォニーをどうぞ。

サントリーウイスキー響」(CMナレーション引用)

https://twitter.com/KogaGengakki/status/707225154561007616

『交響曲第1番第4楽章』は、弦楽器と木管楽器の柔らかな音色が混ざり合い、ヴィオラの旋律が美しく響くのが特徴です。
チェロとコントラバスのピッツィカート(弦を指ではじいて弾く奏法)が旋律をガイドしていて、まるでウイスキーの原酒が重なり合い、味わいが広がる様子を表現しているようです。

ブラームスの『交響曲第1番』は着想から完成までに21年の歳月を費やしたといわれていて、ウイスキー「響」に似ています。

「響」も「17年」「21年」「30年」と長い年月を費やした銘柄があります。

サントリーは音楽文化の普及にも力を入れており、西洋音楽のための理想的なコンサート専用ホール「サントリーホール」を開設しました。

ここでは、世界的指揮者であり巨匠と呼ばれるカラヤンをはじめ、サヴァリッシュ、アバド、バーンスタインといった20世紀を代表するマエストロや、一流の演奏家が出演した数々の名演が生まれました。

巨匠カラヤンから、「音の宝石箱」と賞賛されたサントリーホールは、音楽で人々の心を満たす音の響きを届け続けています。

「響」の世界的な評価

世界的に「響」の評価が高まり、現在は定価で入手するのが難しくなりました。

評価されているのは、ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)やWWA(ワールド・ウイスキー・アワード)等の世界的なコンペティションです。

2004年には「響30年」がISC最高賞の「トロフィー」を獲得、「響21年」が金賞を受賞して世界的評価を得ました。

2005年には「響17年」がSWSC(サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション)で金賞を受賞しました。

2006年のISCでも「響30年」が「トロフィー」、「響21年」が金賞を受賞していて、高い水準で品質を維持しています。

さらに2021年のISCでは「響21年」がダブルゴールドを受賞、以下の銘柄が同コンペティションで金賞を受賞しています。

  • 「響30年」
  • 「響 JAPANESE HARMONY」
  • 「響 JAPANESE HARMONY - Master's Select -」(免税限定)
  • 「響 BLENDER'S CHOICE」

こうした評価から世界から注目が集まり、「響」はジャパニーズウイスキーを牽引する銘柄のひとつとなりました。

ウイスキー「響」のおすすめ3選

出合えたら味わいたい、おすすめのウイスキー「響」の3つの銘柄を紹介します。

「響 JAPANESE HARMONY」

響 JAPANESE HARMONY
出典:楽天市場

アルコール度数:43%
容量:700mL

“日本の四季、日本人の繊細な感性、日本の匠の技を結集したウイスキー”をコンセプトにしています。


ボトルは日本の24節気(立春や立夏、秋分、大寒、等)を表した24面カットで、越前和紙ラベルには「響」の文字が墨文字で施されています。

「響 JAPANESE HARMONY」に出合えたら、まずはストレートでその味わいを楽しんでみるのもおすすめです。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

「響21年」

響21年
画像出典:楽天市場

アルコール度数:43%
容量:700mL

酒齢21年以上の超長期熟成のモルト原酒がブレンドされています。
グレーン原酒も酒齢21年以上の原酒が厳選されており、サントリーのこだわりが結集したぜいたくな原酒のハーモニーを楽しめます。

ストレートやロックで味わってみてください。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

「響30年」

響30年
画像出典:楽天市場

アルコール度数:43%
容量:700mL

年間数千本しか造れない、きわめて貴重な数量限定商品です。

30面カットのクリスタルボトルが使用されていて、市場価格は年々高騰し続けており、2022年現在の価格は60万~70万円程度です。

「響」の最高傑作というにふさわしい「響30年」はストレートで味わい、香り・舌触り・喉越し・余韻の全てをじっくりと堪能するのがおすすめです。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

まとめ

「響」の歴史、世界的な評価を紹介しました。

四季のある日本国内で、日本人の感性に合う味わいに造られたウイスキー「響」。

デザインやブランドのこだわりが、私たちの心にもブラームスの交響曲を響かせてくれるようです。

出合うことがあれば、ぜひさまざまな飲み方で味わってみてください。

Whiskeen レビュー募集
  • この記事を書いた人

ウイスキーン編集部

ウイスキー好きがオススメするウイスキーの銘柄や飲み方を紹介するメディアです。自宅で気軽にできるウィスキーの楽しみ方やバーに行ったときに注文したくなるような銘柄など、ウィスキー初心者からお酒が少し苦手な方まで、誰でも楽しめるウィスキーの魅力を発信します。

-ウィスキーの種類, ジャパニーズ
-