当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

アメリカン

「イーグル・レア」とは?歴史・種類・飲み方について徹底解説

アメリカのケンタッキー州で造られ、世界的に高い評価を受けているバーボンウイスキー「イーグル・レア」。

今回の記事では、歴史や種類、飲み方など「イーグル・レア」に関するさまざまな情報を徹底解説していきます。

まだ飲んだことのない人、いつも飲んでいるバーボンウイスキーとは違う銘柄を探している人は、ぜひ最後までご覧ください。

バーボンウイスキー「イーグル・レア」とは?

バッファロートレース蒸留所
画像引用:Visit Us | Buffalo Trace Distillery Tours & Tastings

「イーグル・レア」は、アメリカで最古の蒸留所といわれるバッファロートレース蒸留所で造られるバーボンウイスキーです。

非常に質が高いウイスキーで「International Whisky CompetitionやInternational Spirits Challenge」「San Francisco World Spirits Competition」など、世界的に有名なコンペティションで数多くの受賞歴を誇ります。

商品名やボトルデザインに用いられているイーグル(ハクトウワシ)はアメリカの国鳥で、味わいはレア(希少)の名に恥じない味わいです。

さらに深く「イーグル・レア」について知るために、歴史や蒸留所について詳しく解説していきます。

「イーグル・レア」の歴史

「イーグル・レア」の歴史は、シーグラム社が1975年に10年熟成の101プルーフ(アルコール度数50.5%)バーボンとして発売したところから始まります。

1989年になると、商標権をサゼラック社が買収。

当時はオールド プレンティス蒸留所(現フォアローゼズ蒸留所)で造られていましたが、現在ではバッファロートレース蒸留所のメインブランドとして、世界的な人気を得るようになりました。

「イーグル・レア」を造るバッファロートレース蒸留所について

「イーグル・レア」を造るバッファロートレース蒸留所では、数々の有名なバーボンが造られています。

バッファロートレース蒸留所が造るバーボンウイスキー
バッファロートレース
ブラントン
・ジョージ・T・スタッグ など

実はバッファロートレース蒸留所は時代とともに何度も名前が変わっているため、その変遷や歴史についても解説していきます。

1858年バッファロートレース蒸留所の前身であるリーズタウンの小さな蒸留所が開発される
1870年エドムンド・ヘインズ・テイラー・ジュニア大佐が、リーズタウンの蒸留所を買収、O.F.C(オールド・ファイヤー・カッパー)蒸留所と名付けられる
1878年ジョージ・T・スタッグがO.F.C蒸留所を買収
1904年O.F.C蒸留所はジョージ・T・スタッグ蒸留所と改名
1920年アメリカで禁酒法が施行され、多くの蒸留所はウイスキー製造において大打撃を受けるが、ジョージ・T・スタッグ蒸留所は薬用ウイスキーとして製造を許可された数少ない蒸留所の1つだったため、なんとかこの混乱の時代を乗り切る
1999年現在の蒸留所名であるバッファロートレース蒸留所に改名
2000年ウイスキー専門誌『Whisky ADVOCATE』におけるDistillery of the Year(その年における最高の蒸留所としての称号)を受賞

禁酒法が施行された厳しい時代を乗り越えたバッファロートレース蒸留所は「Honor Tradition,Embrace Change(伝統を尊重し、変化を受け入れる)」というポリシーのもと、試行錯誤を繰り返し、常に質の高いウイスキーを生み出し続けています。

蒸留所についてや、看板商品の「バッファロートレース」についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。

「イーグル・レア」の製法

アメリカ国旗のミニチュアと殿に置かれたロックウイスキー

「イーグル・レア」は、バッファロートレース蒸留所の看板商品「バッファロートレース」と同じマッシュビル(原料の比率構成)で造られています。

「マッシュ #1」と呼ばれるこのマッシュビルの特徴は、ライ麦比率が低くトウモロコシ比率が高いため、できあがるウイスキーが甘く優しい味わいになることです。

「バッファロートレース」との最大の違いは熟成期間の長さで、他にも違いはありそうですが、残念ながら細かな情報は非公開になっています。

「イーグル・レア」の種類

4つ並んだテイスティンググラス

「イーグル・レア」のラインナップについて、現行品はもちろんのこと、限定品や終売品も含めてご紹介します。

「イーグル・レア 10年」

イーグル・レア 10年の商品画像
画像引用:Eaglerare.com | Eagle Rare
容量700mL
度数45%
受賞歴2022 International Spirits Challenge:金賞
2022 International Wine & Spirit Competition:銀賞
2022 Ultimate Spirits Challenge:ファイナリスト 他多数

今回ご紹介する「イーグル・レア」のラインナップの中で、唯一誰でも手に入れられるのが「イーグル・レア 10年」です。

以前はボトルに「シングルバレル」という表記がありましたが、現在はなくなっています。

ハチミツのような甘さ、ナッツのような香ばしさ、ハーブやシトラスのような爽やかさがあり、複雑で上品な風味が楽しめます。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

「イーグル・レア 17年」(毎年限定生産)

「イーグル・レア 17年の商品画像
画像引用:Eaglerare.com | Eagle Rare
容量750mL
度数約45~50.5%(リリース年によって異なる)
受賞歴2022 International Spirits Challenge:金賞
2022 International Wine & Spirit Competition:銀賞
2022 Ultimate Spirits Challenge:チェアマンズトロフィー(最高スコア) 他多数

「イーグル・レア 17年」は、バッファロートレース蒸留所がリリースするウイスキーの中でも最高級ラインの銘柄です。

生産数が少なく、日本に輸入されることはほとんどありません。

蒸留所公式サイトによるテイスティングノート(日本語訳)

アーモンド、シガーボックス、シナモンを思わせる香ばしい香りは、ほとんどワインのような個性を持っています。繊細でドライな中盤は、レザー、バニラ、タバコの味わいです。このバーボンは余韻が長く、レザーとトフィーのヒントで締めくくられます。

引用:Eagle Rare 17 Year-Old

2000年以降毎年リリースされていますが、使われる原酒の熟成年数や蒸留方法が違うため、味わいが毎年わずかに異なります。

ECHIGOYA
¥220,000 (2023/05/30 17:07時点 | 楽天市場調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

「ダブルイーグル ベリーレア」(限定品)

ダブルイーグル ベリーレアの商品画像
画像引用:Eaglerare.com | Eagle Rare
容量750mL
度数45%

「ダブルイーグル ベリーレア」は「イーグル・レア 10年」の2倍の熟成期間(20年熟成)を経て造られることから、商品名にダブルと名が付き、ボトルのキャップと底部の2箇所にイーグルの装飾が施されています。

生産数が非常に少ないため、日本では基本的に手に入りません。

1本1本にシリアルナンバーが書かれた証明書が付属する、コレクター垂涎のウイスキーです。

蒸留所公式サイトによるテイスティングノート(日本語訳)

オーク樽で20年間熟成させた後でも、このバーボンウイスキーは驚くほどバランスが取れています。バニラ、トーストしたオーク、キャラメルのヒントが、優雅に熟成された樽の風味へと導いてくれます。今まで味わったことのないような味わいです。

引用:Double Eagle Very Rare

「イーグル・レア 10年 101プルーフ」(終売品)

容量750mL
度数50.5%

「イーグル・レア 10年 101プルーフ」は、1970年代から1980年代後半にかけて流通していたといわれています。

現在流通している「イーグル・レア 10年」との違いはオールド プレンティス蒸留所(現フォアローゼズ蒸留所)で造られていることと、度数が少し高めに造られていることです。

70年代は上記画像とわずかに違うボトルデザインだったようですが、ラベルの変化はあまりないことから、味わいや製法もそこまで大きな違いがないと考えられます。

「イーグル・レア 15年」(終売品)

容量750mL
度数53.5%

「イーグル・レア 15年」は、1990年代に流通したウイスキーです。

日本向けに特別にブレンドされたウイスキーで、ラベルの右下に「ウイスキー」と日本語で表記されています。

筆者は一度飲んだことがあるのですが、ほんのり感じるオールドボトルならではの落ち着いた風味と、バニラやバナナのような甘さ、スパイシーな余韻がありました。

バーボンウイスキー「イーグル・レア」のおすすめの飲み方

グラスに入った琥珀色のウイスキー

今回は、日本で唯一通常販売されている「イーグル・レア 10年」に絞っておすすめの飲み方をご紹介します。

「イーグル・レア 10年」がなぜ世界的なウイスキーコンペティションで評価されているのかを知るためにも、まずはストレートで飲んでみるのがおすすめです。

複雑で厚みのある味わいが楽しめるでしょう。

次いでおすすめなのがロックです。

冷えても渋みやエグみがあまり出ず、バランスの良さを感じます。

ソーダ割りにしても味の骨格はしっかりと感じ、ドライで爽快感がありますが、他のもう少し安価なバーボンウイスキーとの違いが大きく出るかといわれると、そこまでではないかなというのが正直な感想です。

最後に

今回ご紹介したバーボンウイスキー「イーグル・レア」のまとめです。

  • バッファロートレース蒸留所が造るウイスキー
  • 世界的なウイスキーコンペティションで数々の受賞歴を誇る
  • 日本で手軽に入手できるのは「イーグル・レア 10年」のみ

「イーグル・レア」は非常に質が高く、いつも飲んでいるバーボンウイスキーとは違う銘柄で良いものはないか探している人や、まだ飲んだことのない人には、ぜひ一度飲んでいただきたいウイスキーです。

バッファロートレース蒸留所が造る他のウイスキーと飲み比べをしてみて、蒸留所の個性を感じるのもおもしろいでしょう。

Whiskeen レビュー募集
  • この記事を書いた人

いのかず

バーテンダー歴6年。どこかのチーフバーテンダー。家でもお酒を楽しんでもらいたいという想いから、ウイスキーやカクテルに関するコンテンツをWebで発信。

-アメリカン
-,