ウイスキーの楽しみ方 ウィスキーの飲み方 編集者ブログ

あまおうで作るいちごウイスキー。作り方と味わいを紹介

4/1は、ジャパニーズウイスキーの日です。

筆者はこの日に

「春らしい何かできないか?」

と考えていました。

すると、声を上げるほど美味しい!とウワサのいちごウイスキーがあるとの情報をゲットしました。

調べていくと、ニッカウヰスキーの公式Twitterに、「ブラックニッカクリアで、いちごウイスキーをつくる」という投稿がありましたので、筆者が早速つくってみました。

準備・材料

まずは、自分で果実とウイスキーを漬け込む際に知っておきたいのは、酒税法です。
酒税法を守って作ってみましょう。

分量はあくまで目安なので、下記をベースに漬け込みます。

・ブラックニッカ クリア … 150ml
・いちご … 120g
・砂糖 … 50g
・お好みでレモンスライス

いちごは福岡産をチョイス!

福岡県産いちごの写真(あまおう、ほのか、さちのか)
左手前はあまおう、右手前はほのか、奥はさちのか

今回使用するいちごは、福岡県宗像産のいちご「あまおう」「ほのか」「さちのか」。
上記の3種類のいちごで試してみました。

ちなみに、いちごは「道の駅むなかた」のいちご祭りで手に入れました。

>>いちご祭りの詳細はコチラ
>>道の駅むなかたの場所はコチラ

100均で3種類選びました。

ウイスキー

今回はブラックニッカクリアの他、ティーチャーズとI.W.ハーパーでも味わいを比べてみました。

【併せて読みたい!】
ブラックニッカシリーズの種類とは?ヤバい?まずい?と言われる理由
ティーチャーズとは?「スコッチの教師」が生み出したその味とは?
I.W.ハーパーとは?初心者から上級者まで愛されるバーボンの魅力に迫る

ジャパニーズウイスキー、スコッチ、バーボンではどんな味わいになるのか、楽しみです。

【つくり方】

作り方は至ってシンプル!

・下ごしらえ
・材料を瓶に詰める

これだけでOKです。

詳しくご紹介します。

1:下ごしらえ

いちごを水で洗い、ヘタを取ります。

手で取っても良いですが、包丁のカドを使うときれいに取れるので、オススメです。

ヘタを取ったら、いちごの水気を切るためキッチンペーパーで優しく拭くように包みます。

その後は、いちごは縦半分にカットします。

いちごウイスキー作りに仕様するいちごをカットした画像

瓶の形状によっては入りきらない可能性があるので、その場合はさらに四角にカットすると良いでしょう。

今回は瓶といちごの量を少なめにしたので、砂糖は30gにしました。

計ってみると意外と沢山あるように感じます。

いちごウイスキー作りに使用する砂糖の分量

2:材料を瓶に詰める

今回のいちごとウイスキーの組み合わせは、

1:ブラックニッカクリア×あまおう

いちごウイスキー作りの際の組み合わせ「ブラックニッカクリア×あまおう」

2:ティーチャーズ×ほのか

いちごウイスキー作りの際の組み合わせ「ティーチャーズ×ほのか」

3:I.W.ハーパー×さちのか

いちごウイスキー作りの際の組み合わせ「I.W.ハーパー×さちのか」

いちごとウイスキーを瓶に漬け込むとこんな感じになりました。

瓶に漬け込んでいるいちごウイスキーの画像

瓶にいちごと砂糖を入れる際には、最初に砂糖を入れてからいちごを詰めると、楽に入れられますよ!

砂糖といちごをつめたら、ウイスキーをこぼさない様に瓶に入れます。

いちごの断面を外側に向けるとキレイに見えますので、お部屋に飾っても良いかもしれません。

また、量が少ないとこんな感じに、いちごが回転するので、注意が必要です。

筆者は途中、あまりにもいちごの香りに誘われてしまい、つい2・3個食べてしまいました(笑)

いちごは多めに用意しておくと良いでしょう。

ポイント
砂糖が底にたまってしまったら、軽く瓶をゆすっておくと、あとで溶けやすくなります。

3:できあがるまでを楽しむ

完成したら冷暗所に置いて4日間ほど待ちます。

ちなみに、ニッカウイスキーの公式漬け込み目安が4日でしたが、他のサイトでは翌日だったり4日以上だったりとバラバラでしたので、期間はお好みで♪

いちごウイスキー漬け込み期間を追ってみた

編集部では、いちごウイスキーの保管の様子についても追ってみました。

さっそく、途中経過の様子を見てみましょう。

1日目

いちごウイスキー漬け込み期間1日目の画像

いちごの赤さがだいぶ取れて、白くなってきました。

2日目

いちごウイスキー漬け込み期間2日目の画像

1日目とあまり変化は見られません。

3日目

いちごウイスキー漬け込み期間3日目の画像

あと1日待ちます。

開けたい気持ちをグッとこらえてもうしばし待ちましょう。

4日目

いちごウイスキー漬け込み期間4日目(完成)の画像

瓶詰されたウイスキーの色がだいぶ澄んできました。

いよいよ開栓して味見をします!

いちご漬けウイスキー味見タイム!【感想つき】

完成したいちごウイスキーの試飲準備

さあ、待ちに待った瞬間がやってきました。

味見はストレートから試してみます。

ちなみに、漬けたいちごは飲む際に取り出しておきましょう。

ブラックニッカクリア×いちご(あまおう)

まるでいちごのジャムを思わせる、いちごのいい香りがします。

濃いいちごジャムを飲んでいるような濃厚さと芳醇さがあります。
でも、甘すぎずちょうどいい甘さです。

ウイスキー独特のピートさはあまり感じられません。
飲みやすくスイスイ進みます。

あっと言う間になくなってしまいました(笑)

ティーチャーズ×いちご(ほのか)

いちごウイスキー「ティーチャーズ×いちご(ほのか)」の画像

「ん?いちごかな?」と思わせる、ファーストコンタクトです。
しかし、スコッチらしいピーティーさがあります。

実際に飲んでみるといちごのウイスキーというより、甘いお酒、といったイメージでしょうか。。

飲んだ後は、スッとなくなるような感じです。

I.W.ハーパー×いちご(さちのか)

いちごウイスキー「I.W.ハーパー×いちご(さちのか)」の画像

ほのかにいちごの香りがします。

口の中の残り具合が「I.W.ハーパーらしさ」というか、バーボンらしさの力強さが、いちごの甘さの中心にあるような味わいです。

いちごウイスキーおすすめの飲み方

編集部が感じた所感としては、ストレートやロック、ソーダ割りがオーソドックスな飲み方です。

ここでは、ティーチャーズをロックで試してみました。

いちごウイスキーロック

丸氷をグラスに入れて、マドラーでよくかき混ぜてグラスを冷やします。

いちご漬けティーチャーズを注ぐと、見た目に薄いピンクの、春らしさがグラスに広がりました。

先ほどのストレートよりは、味わいが優しくなった印象です。。

ちなみに時間を10分程空けて飲むと、さらにまろやかさが味わえました。

アイスやかき氷にも合うかも?

かき氷やアイスクリームにも合うそうなので、アイスクリームで試してみました。

名付けて、「アイスクリームのいちごウイスキーがけ」

かけるいちごウイスキーは、ブラックニッカクリア×あまおうです。

いちごウイスキーとバニラアイスの画像

食べる前に、お皿は前もって冷やしておきました。

ディッシャーでアイスクリームをよそって、お皿に丸く乗せてみます。

そこに、いちごウイスキーをかけると、出来上がりです。

アイスクリームがピンクのベールをまとった春の衣装を着ている様です。

バニラの甘さが和らいで、ちょうどいい甘さになるので、まさに大人のスイーツ!

食べ進めていくと、甘さの中にウイスキーのピーティーさが顔をだし、また甘さの中に隠れるといったような味わいでした。

素敵な夜の大人のスイーツ。ごちそうさまでした。

まとめ

いちごウイスキーと、それに使用したウイスキーボトルの画像

あまおうで作るいちごウイスキー、いかがでしたか?
作りながら味を想像して漬け込むのは、研究をしているようでとても楽しい時間でした。

ウイスキーによって味が変わるのは、やはりウイスキーは奥深いものだということが、改めてわかり、ますますウイスキーの奥深さを感じる時間だと感じました。
他にも試してみたい飲み方がありましたら、またの機会にご紹介しますね。

今回ご紹介のいちごウイスキーの作り方や飲み方を参考に、あなたの人生に楽しいウイスキーライフを添えてください!!

  • この記事を書いた人

久田 一彰

会社員/講師/パパライターの3足の草鞋を履いている、ハイブリッド・ワーカーなオヤジ。 29歳の時に夜な夜なコンセプトバーに通い、週末はウイスキーを朝まで飲んだ経験を持つ。

-ウイスキーの楽しみ方, ウィスキーの飲み方, 編集者ブログ