当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ウイスキーランキング ワールド

台湾ウイスキーのおすすめ銘柄5選|味の特徴や歴史についても解説

台湾で造られるウイスキーは、近年、世界中で注目されるようになりました。
とはいえ、まだまだ日本では台湾のウイスキーを飲んだことのある人は少ないはず。

そこで今回の記事では、おすすめの台湾ウイスキーをご紹介するとともに、味の特徴や歴史についても解説します。
台湾ウイスキーの魅力を知り、新たなウイスキー体験をするためにも、ぜひ最後までご覧ください。

台湾ウイスキーの2大ブランド

氷の入ったグラスに注ぐウイスキー

台湾には、現在「カバラン」と「オマー」という2つのウイスキーブランドがあります。
リリースされるウイスキーは世界的なコンペティションを軒並み受賞しており、世界的な認知度も増してきました。
どのようなブランドなのかを詳しく解説していきます。

カバラン

2005年に蒸留所が設立された、台湾を代表するウイスキー「カバラン」。
蒸留所名は、蒸留所がある地域「宜蘭(ギーラン)」の、かつての地名「カバラン」が語源です。

スコットランドと日本のウイスキー造りを参考にしており、自社蒸留所内で麦芽の粉砕・糖化・発酵・蒸留・熟成・ブレンドを行っています。

2008年に蒸留所初のリリースとなる「カバラン クラシック シングルモルト ウイスキー」が発売され、2011年にはWWA(World Whisky Awards)という世界的なコンペティションにて、カバラン蒸留所が年度ベスト人気蒸留所を受賞するまでに成長。

2015年には、WWAにて世界最高のシングルモルトウイスキーに贈られる賞「ワールド・ベスト・シングルモルト・ウイスキー」を受賞するに至りました。

さらに、2023年にはウイスキー マガジンが提供する「2023 Icons of Whisky Rest of World」コンテストにおいて「今年の蒸留所」に選ばれるなど、今となっては、世界中から注目されるウイスキーブランドの1つです。

オマー

ブランド名の「オマー」は、ゲール語で「琥珀」という意味です。
「オマー」を製造する南投酒工場は1978年に設立され、ビールやワインは生産していたものの、ウイスキーの蒸留は2008年から始まりました。

元国営企業のTTL(Taiwan Tobacco and Liquor Corporation)傘下の蒸留所で、30年間で培われたお酒づくりのノウハウを生かし、質の高いウイスキーを生産しています。

2013年に蒸留所初となるウイスキーをリリースし、翌年の2014年には国際的なコンペティションで数々の賞を受賞。
そこからは毎年欠かさずに受賞歴を増やしており、急成長を遂げました。

現在では、梅酒の樽やライチリキュールの樽を使って熟成したウイスキーを造るなど、他に類を見ないウイスキー造りが注目されています。

おすすめの台湾ウイスキー5選

ウイスキーの5大生産国(スコットランド・アイルランド・アメリカ・日本・カナダ)とは異なった、台湾ウイスキーならではの魅力が詰まったおすすめのウイスキーをご紹介します。

今回ご紹介するウイスキーは、すべてシングルモルトウイスキーです。

まだ台湾のウイスキーを飲んだことがなく、飲もうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

カバラン ディスティラリーセレクト No.1

内容量700mL
度数40%

「カバラン」の中で、もっとも安価で入手しやすいのが「カバラン ディスティラリーセレクト No.1」です。
バニラやトロピカルフルーツのような甘さが強く、ほんのりビターなオーク香やスパイシーさも感じます。
香りや味わいはしっかりと厚みがあり、南国系の温かいニュアンスが感じられるウイスキーです。

カバラン クラシック シングルモルトウイスキー

内容量700mL
度数40%

「カバラン クラシック シングルモルトウイスキー」は、「カバラン」が初めてリリースしたウイスキーです。
バニラやトロピカルフルーツのような甘さと、チョコレートのようなコク、フローラルな風味、豊かなオーク香が感じられます。
非常にバランスのよい仕上がりで、「カバラン」の特徴的な味わいを知るためにも、必ず飲んでおきたいウイスキーです。

カバランソリスト ヴィーニョバリック カスクストレングス シングルモルトウイスキー

内容量700mL
度数56%前後(リリースごとに変化)

カスクストレングスの「ソリストシリーズ」の中でも、このウイスキーはワイン樽(ヴィーニョバリック)を使って熟成しているのが特徴です。
ワイン樽由来の芳醇な香り、チョコレートやドライフルーツのような甘さ、スパイシーな余韻があり、リッチで複雑な風味を感じます。

2015年のWWAにて世界一のシングルモルトに選ばれたウイスキーですので、台湾ウイスキーのポテンシャルの高さを感じたい方におすすめです。

オマー シングルモルトウイスキー バーボンタイプ

内容量700mL
度数46%

「オマー」の中でも、比較的安価で入手しやすいエントリーモデルとなるのが「オマー シングルモルトウイスキー バーボンタイプ」です。
バニラやハチミツのような甘さ、パイナップルのようなトロピカルで爽やかなフルーティさ、モルトの風味が感じられます。

先ほどご紹介した「カバラン」のウイスキーと比べると甘さは少し控えめで、シンプルかつバランスのとれた味わいです。

オマー カスクストレングス シングルモルトウイスキー ライチリキュールバレルフィニッシュ

内容量700mL
度数55%前後(リリースごとに変化)

バーボン樽で3〜4年熟成した後、「ライチリキュール」で使用した熟成樽で最後の熟成を行った、世界でも類を見ない珍しいウイスキーです。
ハチミツやモルトの甘み、トロピカルフルーツとライチの風味、しっかりしたオーク香、スパイシーな余韻を感じます。

3万円前後もするウイスキーですが、前例のないおもしろい味わいが楽しめるので、気になる方はぜひ一度飲んでみてください。

¥29,700 (2024/05/18 13:56時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

台湾ウイスキーの特徴

台湾で造られるウイスキーは、他の国で造られるウイスキーとは違う個性がはっきりと感じられます。
これは、台湾の温暖な気候がウイスキーの熟成に影響を及ぼしているからです。

台湾のウイスキーに共通する特徴にはどんなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

温暖な気候により熟成が早く進む

台湾の気候はスコットランドやアイルランドと違い、とても温暖です。
温暖な気候はウイスキーの熟成スピードを早め、樽から得られるフレーバーも強くなります。
そのせいか、渋味までは行きませんが樽香が強いのも特徴です。

筆者が台湾のウイスキーを飲んだときは、3年や4年程度の短熟の銘柄だとしても、スコッチでいう12年熟成かそれ以上の熟成感を感じました。

トロピカルなフルーティさがある

台湾のウイスキーに共通するフレーバーに、「トロピカルなフルーティさ」があります。
どの銘柄を飲んでもマンゴーやバナナ、パイナップルなどの南国系のフルーツの風味を感じるのが特徴です。
爽やかさというよりは甘さに寄ったフルーティさで、あたたかみのある味わいが楽しめます。

台湾ウイスキーのおすすめの飲み方

横倒しになったウイスキーグラス

台湾のウイスキーは、他の国で造られるウイスキーとは違った個性があります。
その個性をはっきりと感じるためにも、まずはストレートで味わうのがおすすめです。

ロックや水割りにすると、酸味や樽香の渋味が立ってしまうものが多いため、人によって好みが分かれるなと感じました。

ソーダ割りはトロピカルなフルーティさとソーダの爽快感がマッチするため、比較的飲みやすい印象です。

まずは味わいがダイレクトに感じられるストレートで味わってみて、それから別の飲み方を試していきましょう。

台湾ウイスキーの歴史

辞書の「History」のページ

台湾のウイスキーは、スコットランドやアイルランドなど、他の有名なウイスキー生産国と比べると、歴史が浅い点が特徴です。
そんな歴史の浅い台湾ウイスキーですが、どのようにして世界に認知されるようになったのか、詳しく解説していきます。

WTO(世界貿易機関)への加盟をきっかけにマーケットが拡大

2002年になるまでは、アルコールの生産は国営のタバコ・アルコールの製造業者「TTL(Taiwan Tobacco and Liquor Corporation)」が独占的に行っていました。

しかし、2002年に台湾がWTO(世界貿易機関)に加盟したのをきっかけに、アルコール市場の自由化が進みます。

そのタイミングで、食品・飲料メーカーの「金車(キングカー)」がウイスキー造りに乗り出し、2005年に「カバラン」を立ち上げました。
独占的な酒類販売の廃止によってマーケットが拡大し、これをきっかけに台湾のウイスキー産業が発展し始めます。

台湾がウイスキーの原産国であると世界的に認知され始める

台湾が世界中にウイスキー生産国だと認知され始めたのは、世界的に権威のあるウイスキー年鑑「モルト・ウイスキー・イヤー・ブック」の2010年版に、台湾がウイスキーの産地として掲載されたことがきっかけです。

「カバラン」初のウイスキーがリリースされたのは2008年で、2010年に至るまでに発売されたウイスキーは、たったの7つ。

2010年時点ではまだ「オマー」のウイスキーはリリースされていないため、「カバラン」の知名度だけで世界的なウイスキー生産国だと知らしめたことになります。

台湾ウイスキーが世界的に評価され始める

台湾のウイスキーが世界的に高い評価を得るのに、時間はかかりませんでした。

2014年に開催された国際的なウイスキーコンペティションにて、「カバラン」「オマー」両ブランドのウイスキーが受賞をしてからというもの、毎年のように輝かしい結果を残しています。
今までにリリースされた台湾ウイスキーの中で、コンペティションで受賞歴のないものはほとんどありません。
それだけ台湾で造られるウイスキーは質の高いものとなっています。

まとめ

日本ではまだまだマイナーな台湾ウイスキー。
しかし、世界的に見ると非常に高い評価を得ています。

独特なトロピカルなフルーティさと甘さは、飲む人を虜にする素晴らしい個性です。

この記事を読んだことをきっかけに、ぜひ一度台湾で造られるウイスキーを飲んでみてはいかがでしょうか。

Whiskeen レビュー募集
  • この記事を書いた人

いのかず

バーテンダー歴6年。どこかのチーフバーテンダー。家でもお酒を楽しんでもらいたいという想いから、ウイスキーやカクテルに関するコンテンツをWebで発信。

-ウイスキーランキング, ワールド
-, , ,